一杯へのこだわり

麺、スープはもちろんですが、メンマや葱、海苔に至るまですべてにこだわり抜いた一杯。

さらに、味噌ラーメン、塩ラーメンと各種類の要となる「味噌」、「塩」、「醤油」も試行錯誤して 独自の配合を完成させました。 常に新しいラーメン・味を求め、日々新しいものを探究しています。

もちろん簡単なことでは ありませんが、全ては納得の一杯を作り上げるため。

お客様に「おいしい」という一言、満足して帰って頂けるように、今後もよりおいしいものを 探究していきます。

メンマ

味付けの際に、砂糖は一切使わず三河の本みりんで甘味を出すことにより、 より上品な甘さの味わいになり、麺・スープとの相性を高めます。

修行時代に巡り合った北海道、西山製麺に特注で注文しているこだわりの麺。 コクのあるスープに負けないコシのある太ちぢれ麺を使用。 今では、使用しているところも多いですが、開店当時に豊田で使用していたのは 当店のみ。 熟成の際の温度管理で全然変わってくるので、麺の状態・ゆで加減すべてに納得できないと 提供しません。

海苔

口に入れたときに広がるふわっとした香り。 ラーメンに合うように秘伝の自家製油で味付けをする事で、口に入れたときの香り・味が全く変わります。

ネギ

納得のいくものを使うために、季節によって仕入れを変えています。 水の温度ひとつで洗い方が変わる繊細な食材ですが、ラーメンには欠かせない食材です。

叉焼

毎日手作りするチャーシュー。何を食べて育ったかによって肉質も味も変わってくるので、 エサにこだわって飼育された豚を使用しています。脂身の多い部分と少ない部分を使い分けラーメンに合うようにトッピング。 脂身の甘みが特徴的です。

スープ

ラーメンの命「スープ」。鶏ガラなどを24時間煮込んで仕上げたとんこつベースのスープ。 みそ、塩、醤油や黒胡麻など色々な種類のラーメンがありますが、そのすべてのベースとなる味の要。 修行時代から食べ歩いて研究を重ねて辿り着いたこの味。 同じようなラーメンが増えてきたこの時代、形だけは真似できても、この味までは真似できません。